テクニカルノート

WeiterlesenPDFデータをダウンロードできます。

Hinweis: ダウンロードにはウェブ登録(無料)が必要となります。

以下の資料を追加しました。

2022.11.10

  • ローコスト電源レールプローブの作成
  • 小型モータの効率測定
  • モ ー タ ・ ド ラ イ ブ ・ ア ナ ラ イ ザ に よ る DB-DTFC の Volt-Sekunde
ローコスト電源レールプローブの作成 1.5MB
 

"アプリケーションに使用できる、低コストで自作可能なシンプルな電源レールプローブにつ

 

小型モータの効率測定 1.5MB
 

モータ. "ができます。

 

モ ー タ ・ ド ラ イ ブ ・ ア ナ ラ イ ザ に よ る DB-DTFC の Volt-Sekunde 4MB
 

Totbeat-Direkt-Drehmoment und Flusssteuerung (db-dtfc) は 高速 な トルク と トルク を 犠牲 に に せ ず 損失 を 制御 、 DC バス 電圧 を 電圧 制 限動 に 使い 切る 事が出来る 、 、 、 制御 制御 ((((((((に 使い 切る ため 、 、 制御 制御 ((((((((に 使い 事が出来る ため 、 制御 制御 (((focin )や direct torque 制御(DTC)の代わりとして研究されています。 Volt-second センシング精度の評価には Volt-second を基準とした高精度 計測が必要になります。 テレダイン・レクロイのモータ・ドライブ・アナライザは、パワー半導体のスイッチング周期ごとにそのような機能を提供します。

 

パワー半導体デバイスの解析 1.5MB
 

テレダイン・レクロイのPWR ソフトウェア・オプション は、エンジニアがパワーデバイスの測定を迅速かつ簡単に行うことを可能にします。スイッチングステートごとに色分けされたオーバーレイにより、直感的でわかりやすい測定が可能です。この資料では、 デバイス の 測定 機能 概要 と 、 最も 正確 で 一貫 性 の 結果 結果 得る ため の 測定 の 設定 方法 について し て い ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 -

 

Sパラメータの一般的な問題を避ける
-ポートをどのように割り当てるかが 、測定値の解釈に影響を与える
1.5MB
 

Eric Bogatin (Bogatin Enterprises) /
Alan Blankman (LeCroy) 著

S- "入力と出力にポート・インデックスを割り当てる際には、一貫した方法を用いる必要がありま

 

モータ・ドライブ・アナライザを使用した六相モータの解析 1.5MB
 

"し、2つの巻線セット間のバランスを計算します。

 

テレダイン・レクロイのモータ・ドライブ・アナライザで直交エンコーダ・インタフェース 1.5MB
 

QEIの様なデジタル・エンコーダは、モータ駆動制御システムにモータ・シャフト速度と角度情報を提供します。 MDA は容易にこれらを解釈し、機械的パワー計算に使用するため、基準スピード・フィードバック信号との比較のため、または他の制御とパワー信号との比較のために使用できる速度と角度の値恫叛

 

WavePulser 40iX 立ち上がり時間および空間分解能 1.8MB
 

" Leistung 40 ps, 40 mm, Auflösung 5.575 mm.

 

WavePulser 40iX ist ein Beispiel 1.5MB
 

WavePulser 40iXには多くのディエンベッド方法が用意されています。このテクニカルブリーフでは、これ らの方法について説明し、最高の結 果を得るために読者が機器に何をする必要があるかを理解できるようにしています。

 

12 ビット高分解能オシロスコープによるパワーレール過渡応答の解析 1MB
 

パワーディストリビューションネットワーク(PDN)設計の一般的なテストの1つは、システム内の各パワーレールおよび複数のレールの過渡応答を解析することです。このアプリケーションノートでは、テレダイン・レクロイの12ビット高分解能Weitere Informationen finden Sie unter PDN.

 

10x パッシブ・プローブを最大限に活用するために 1MB
 

" "

 

12 ビット高解像度オシロスコープ用電源レール・プロービング・オプション 1MB
 

"の強力なオシロスコープを使って電源レールをプロービングする方法を比較検討します。

 

テレダイン・レクロイのモータ・ドライブ・アナライザで直交エンコーダ・インタフェース (Q 1MB
 

Qei の 様 な ・ エンコーダ は 、 モータ 駆動 制御 システム に ・ シャフト 速度 と 角度 情報 を 提供 し ます。。 使用 する ため 、 、 基準 基準 スピード スピード ・ フィードバック フィードバック 信号 と と 使用 する 、 基準 基準 スピード ・ フィードバック フィードバック フィードバック 信号 信号 と に 使用 ため 、 基準 スピード ・ ・ フィードバック フィードバック フィードバック 信号 と と 使用 ため 、 基準 スピード スピード ・ フィードバック フィードバック 信号 信号 と に 使用 ため 、 基準 スピード ・ ・ フィードバック フィードバック 信号 と と 使用 ため 、 基準 スピード ・ ・ フィードバック 信号 と と に する 、 基準 スピード スピード ・ 、 機械 的 と 計算 使用 、 基準 スピード ・ ・ フィードバック 機械 的 と に.の比較のため、または他の制御とパワー信号との比較のために使用できる速度と角度の値恫叛

 

DB-DTFC のVolt-second センシング制御の解析 1MB
 

Totbeat-Direkt-Drehmoment und Flusssteuerung (db-dtfc) は 高速 な トルク と トルク を 犠牲 に に せ ず 損失 を 制御 、 、 DC バス 電圧 を 電圧 制限 動作 時 に 使い 事が出来る ため 、 、 制御 制御 ((()))) に 使い ため 、 、 制御 制御 ((()))) に 使い ため 、 、 制御 制御 (()))) に 使い 事が出来る ため 、 制御 制御 (()))) に 使い 事が出来る 、 、 制御 ((()))) 使い 切る ため 、 制御 制御 (()))) に 切る ため 、 制御 制御 (()))) に 切る ためや direct torque 制御(DTC)の代わりとして研 究されています。Volt-second センシング精度の評価には Volt-second を基準とした高精度 計測が必要になります。 テレダイン・レクロイのモータ・ド ライブ・アナライザは、パワー半導体のスイッチング周期ごとにそのような機能を提供します。

 

【ブログ記事】ミックスモードSパラメータの紹介 1MB
 

"役に立ちます。

 

S パラメータへの変換 1MB
 

シングルエンドの Sパラメータをミックスモードの

 

Der Signalgenerator von MAUI Studio Pro ist ein Gerät, das für Sie geeignet ist 2MB
 

MAUI Studio ProのSignal Generator機能で波形を作成する際、最も正確な方法は数式による記述です。このアプリケーションノートでは、一般的に使用される波形の例と、それを記述する数式を紹介します。また、広く一般的に応用可能な波形作成テクニックも紹介します。


MAUI Studio Pro Signal Generator 機能を使った数式による波形作成 1MB
 

MAUI Studio Pro の Signal Generator 機能で波形を作成する際、最も正確な方法は数式による記述です。この資料では、一般的に使用される波形の例と、それを記述する数式を紹介します。また、広く一般的に応用可能な波形作成テクニックも紹介します。


静電気放電(ESD)に対するイミュニティ試験 ─正確な ESD シミュレータ検証技術 500K
 

この資料では、ESD-Unterlagen


Verwenden Sie MAUI Studio Pro, LabNotebook, LabNotebook und MAUI Studio Pro 600K
 

テレダイン・レクロイの MAUI Studio Pro は、LabNotebook 機能を拡張しており、セットアップや波形を読みこむだけでなく、ソース・オシロスコープのユーザー・インタフェース(インストールされている全てのソフトウェア・オプションを含む)を読みこむことができます。


Verwenden Sie XDEV, MatLab, XDEV, MatLab, XDEV und MatLab 600K
 

Xdev で matlab を 使用 する 場合 、 演算 や パラメータ の 設定 メニュー から は つの つの 入力 しか 指定 ませ ん 。3 以上 の ソース を ます ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 や 。3 以上 の の ます ます。。。 演算 や 計測 を 以上 の を ます 使っ。 カスタム 演算 や 計測 を 作成 方法 示し ます.。。。。。。。。。。。。 や パラメータ する 示し ます ます。.


Gesendet. Gesendet 600K
 

"ます。


Verwenden Sie MAUI Studio für MAUI Studio 400K
 

この資料では、他社製の測定器で保存した波形データをMAUI Studio


Weitere Informationen finden Sie unter CAN/CAN FD 700K
 

この 資料 で は 、 バス の 基礎 基礎 知識 説明 し た 後 、 オシロス コープ 使っ 使っ て ネットワーク 機能 測定 し 、 する ため ため の 細かい ポイント を し ます。。。。。。 デバッグ ため 細かい ポイント 説明 ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 、 、 デバッグ デバッグ ため ため ポイント 説明 ます。。 、 、 デバッグ ため ため の ポイント 説明 し ます。。。。。。。。。。。。。


WavePulser 40iX のダイナミックレンジ 700K
 

"


SENTの基本:SENT SPCの安定したMTPの検証 700K
 

この アプリケーション ・ ノート で は 、 gesendete spc プロトコル について し 、 、 、 、 、 、 ・ ・ (((()) 長 の 性 検証 の 方法 を ます ます ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。.


【ブログ記事】USB4 電気試験:現状報告 700K
 

電気的テストの方法論は以前のUSB3.2コンプライアンス・テストと似ていますが、USB4は主にTBT3物理層に基づいており、これらのテスト方法が採用されています。ここでは、前述のドキュメントで呼び出されたUSB4/TBT3テストアプローチを要約します。


Windows10 オシロスコープ 500K
 

Windows 10 ist eine benutzerfreundliche Version von Windows XNUMX


GaN, 48 V, 60 V, DL-HCM 500K
 

"


選択的アベレージ~交互にくる波形を別々に平均する 500K
 

"


【ブログ記事】パワー・インテグリティの基礎: ボードの汚染 500K
 

ボードの汚染は、VRMから消費デバイスに電流を流すパッケージと相互接続(トレースとプレーン)上で発生するノイズです。発生する可能性のある場所の1つは、VRM自体からのものです。たとえば、 VRM ist kein Problem.


【ブログ記事】パワー・インテグリティの基礎:自己攻撃性ノイズ 500K
 

"が かなり 明確 な (たとえば 、 デバイス が 評価 ボード 上 に ある で で システム が 定常 状態 に ある こと を する 必要 が あり ます ます。 ≤


【ブログ記事】パワー・インテグリティの基礎: PDNノイズの特性評価 500K
 

" "


EMV-Richtlinien für IEC61000-4-5: Siehe auch 1.5MB
 

この資料では、IEC61000-4-5 雷サージ試験で使用する試験波形をオシロスコープで確認する際の設定例を示します。 設定には EMCパルスパラメータ・オプションを使用しました。 波形は任意波形発生器で生成したダミーの波形を使用しています。


EMV-Richtlinien gemäß ISO7637-3: Empfehlung 1.5MB
 

この 資料.したダミーの波形を使用しています。


WavePulser 40iX パルサー繰り返しレートと周波数分解能 1.5MB
 

"されています。

  • TDR 捕捉長-パルサーの繰り返し速度に関連しています
  • 周波数ポイント数-これはエンド周波数と必要な周波数分解能に関連しています

WavePulser 40iX Second-Tier 校正 1.5MB
 

この資料では WavePulser40iXで使用される、内臓自動校正、マ ニュアルおよび Second-Tier(二段階)校正を含む3つの校正方法について議論します。手動校正と Second-Tier 校正、および機器の工場出荷時校正の方法についての手順も示します。


時間領域技術を用いたディエンベッドおよびインピーダンス・ピーリング 1MB
 

"検討します。


高感度電流プローブと低ノイズ12ビット・オシロスコープによる微小電流測定例 1MB
 

従来 の オシロス コープ 電流 プローブ で.をクリアに測定することができるようになりました。


テレワーク支援・業務効率改善のご提案 1MB
 

テレワーク 支援 サイト 、 に 役立つ (無料) 解析 ソフトウエア の 紹介 業務 効率 の 改善 に つながる 機能 を まとめ た た ≤


(無償)波形解析ソフトウエアの WavePulserの使い方   2.3MB
 

"


【ブログ記事】時間軸から周波数軸に変換 160K
 

基本 的 に 、 コープ は 時間 軸 の 機器 であり 、 被 回路 や デバイス から の 信号 を 捕捉 する の に 、 時間 波形 が として 時間 軸 で で で で で で で で & 、電圧値が時間と共にどのように変化するかを観測します。


【ブログ記事】高速フーリエ変換におけるデータの切り捨て 1MB
 

" "


【ブログ記事】高速フーリエ変換の窓関数について   1MB
 

Fft 計算 の 2 つ目 の 注意 点 は 、 より 深刻 混乱 の 原因 と なり。 窓関数 窓関数 に 関する た 情報 として ・ インスツルメント が 発行 について する 解説 し ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます が あり 。fft の 数 について 解説 し し ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます が あり。 の 窓関 について について 解説 し し ます ます ます ます ます が あり。 の 窓関 について 解説 し し ます ます ます が あり。 ・ 窓関 数 について 解説 し ます ・ ノート が ます 。fft. 。


T3AWG3K 1.6MB
 

" Wellenform -Editor SW ユーティリティ とともに 分解 能 能 (16 ビット) T3AWG3K シリーズ や よう な な な な を 使用 する と 、 を 簡単 で 性 性 に 優れ 優れ た もの に ことができ ます。 この LAB -Brief では 、 lfm (Linearfrequenzmodulation)でチャープされた5つのキャリアトーンで信号を作成する方法について説明します。


MDA810 動的パワーおよび 高調波解析 1MB
 

" "ことが出来ます。


テレダイン・レクロイ MDA810 モータ・ドライブ・アナライザで CAN デジタル・データを回タル・データを回タル・データを回タル・データを回ると聨聨聨丁 1.5MB
 

Controlled Area Network (CAN)シリアル・データ・プロトコルは車載および産業アプリケーションにおいて、シリアル・バスを介して情報を伝送します。モータ・アプリケーションにおいては、CANデータはデジタル・エンコードされた電気モータのシャフト速度を"


正確なライン-ライン zu ライン-中性点変換による二電力計法と三電力計法の電力計算 1MB
 

二 電力 計法 は 相 システム において 必要 と なる 入力 チャンネル 数 6 から 4 に 減らし ます。 この 方法 で ライン - ライン と ライン ライン 三 相 電力 電力 合計値 合計値 合計値 合計値 合計値 合計値 合計値 合計値 合計値 合計値 合計値 & "され、適切な三相システム動作の理解を助けます。


テレダイン・レクロイの車載イーサネット試験ソリューション 1.5MB
 

" "のTDR計測器を提供し、トータルでサポートしています。


テレダイン・レクロイのパワーエレクトロニクス解析ソリューション 2MB
 

"に困難な課題があり、新しい技術が次々に投入されています。
"


【ブログ記事】DDRメモリテストの落とし穴を取り除く 500K
 

1990 年代半ばに標準化されて以来、デュアル・データレート(DDR )SDRAMメモリは、ほぼどんなコンピュータでも使用されています。インタフェースのテストにおいては、いくつかの重要なベストプラクティスに従う必要があります。いくつかのベストプラクティスを見てゆきます。


【ブログ記事】DDRメモリテスト パートII: インタポーザの使用 300K
 

チップ ・ インタポーザ の と さ れる ケース 、 インタポーザ を 用い て する 際 の 注意 点 など を 解説 し ます。。。。 する 際 際 -


【ブログ記事】 DDRメモリテストパートIII:してはいけないこと 300K
 

測定 精度 に 悪 影響 与え たり 、 プロービング ・ セットアップ を 台無し に たり たり する こと が ある 「ワースト」 について 解説 ます ます。 “


【ブログ記事】 DDRメモリテストパートIV:試験の準備 300K
 

この DDR メモリ試験のシリーズで、今で3つの記事で従来からあるプロ ービングやインタポーザの利用あるいはダンピング抵抗に関わる機械的問 題の懸念を示しました。ここからは、DDR 試験自身についてメモリ・インタフェース"


【ブログ記事】車載イーサネットの基礎 500K
 

車載イーサネットは多くの機能を処理します。この資料では車載イーサネットの基礎を解能しし


Weiterlesen.BroadR-Reachプロトコルの基礎 500K
 

"ましょう。


【ブログ記事】なぜ、車載イーサネットなのか? 300K
 

"かのプロトコルと比較しながら見てみましょう。


【ブログ記事】BroadR-Reachと100Base-T1の比較 300K
 

100Base-T1 und XNUMXBase-TXNUMX


【ブログ記事】車載イーサネット試験の基礎 500K
 

"


【ブログ記事】車載イーサネットのコンプライアンス試験入門 500K
 

" "


【ブログ記事】車載イーサネットのコンプライアンス試験:5つの試験モード 500K
 

"


【ブログ記事】車載イーサネットのコンプライアンス試験:試験のセットアップの概要 500K
 

各種の車載イーサネットの電気的コンプライアンス試験について解説します。


【ブログ記事】車載イーサネットのコンプライアンス試験:試験の詳細(パートI) 500K
 

"


【ブログ記事】車載イーサネットのコンプライアンス試験:試験の詳細(パートII)   500K
 

"ましょう。


【ブログ記事】車載イーサネットのコンプライアンス試験:試験の詳細(パートIII) 500K
 

100Base-T1 仕様 で イーサネット に 指定 さ さ て いる コンプライアンス 試験 中 で 、 送信機 歪み 歪み 試験 より セットアップ が 複雑 もの は あり ませ ジッタ ジッタ 試験 と 同様 に に 、 た の タイミング スレーブ ジッタ ジッタ 試験 と 同様 に に 、 し の の の スレーブ ジッタ ジッタ 試験 と 同様 に に 、 し た の の スレーブ スレーブ ジッタ 試験 と 同様 に に 説明 し た の の スレーブ ジッタ ジッタ 試験 と 同様 に 説明 説明 し た の タイミング スレーブ ジッタ 試験 と 同様 記事 で 説明 し た の タイミング ませ ん 試験 と 記事 で 説明 説明 し 送信 機 スレーブ ジッタ ん と の 記事 説明 説明 し 送信 タイミング スレーブ ジッタ 試験 と 同様 に 説明 し た 送信 タイミング スレーブ ジッタ 試験 試験 に に 、送信 クロック ((((あり ます。 この テスト で は アクセス アクセス の 試験 モード モード モード を 使用 、 デバイス に に 送信 さ れる 妨害 正弦波 導入 し ます ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス に に に に に に に に に に に に に に に に に に に に に。。。。。.。 、 、 デバイス デバイス に に に に に に デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス デバイス。。。。。 ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます


【ブログ記事】車載イーサネットのコンプライアンス試験:試験の詳細(パートIV) 500K
 

"ます。


【ブログ記事】車載イーサネットのコンプライアンス試験:試験装置の必要条件 500K
 

"どの よう な ニーズ ある か を 見 て み ましょ う。 最後 は 自動 コンプライアンス 試験 ソフトウェア について 簡単 に し ます ます。 “


【ブログ記事】100Base-T1 イートの基礎 1.5MB
 

この アプリケーション ノート で は 、 100base-t1 車載 イーサネット プロトコル の トポロジ と フレーム 構造 について 説明 し ます。。


【ブログ記事】自動車の中のイーサネット 1MB
 

"


【ブログ記事】モード変換 1MB
 

ミックスモードSパラメータは、差動信号と同相信号の組み合わせの一般的な場合を表します。ミックスモードのSパラメータでモード変換というと、伝送路を通過する際に差動信号が同相信号に、または同相信号が差動信号に変化することを指しています。


【ブログ記事】車載イーサネット MDI Sパラメータ試験 1MB
 

すべて の 車載 イーサネット 規格 は は 、 MDI (mittelabhängiger Grenzfläche) 実施 する パラメータ パラメータ 試験 が 定義 さ れ い ます。 資料 で は 車載 イーサネット MDI S パラメータ を 解説 し ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 で で で で で で で で で で で で で で で で で で で で で。。。。。。。。。。。。


Siehe auch IoT 500K
 

" "


【ブログ記事】IoTデバイスの構造 500K
 

IoT デバイス の 増加 伴い 、 対応 する デバッグ ツール の 必要 性 も て い ます。。 デバッグ ioT デバイス 中 に 何 何 が ある か 解説 し ます。。。 の 中 に 何 が か し ます。。。 中 中 は い か し ます。。。。 中。 て 解説 し ます。。。 中 中 生じ ます 解説 し ます。。 の 中 に 何 ます 解説 し ます。 の 中 に 何 何 が か 解説 ます。。。 の 中 に 何 が ある か 解説 し ます ます。


Weitere Informationen finden Sie unter IoT 300K
 

この 記事 で は 、 ioT の 電源 における 適切 な デジタル 管理 の 実装 と パワー インテグリティ について 調べる を 説明 し ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 実装 実装 実装 実装 実装 実装 実装 実装 実装 実装 実装 実装 実装 実装 と と と と と と と と と と と と と と と と パワー パワー インテグリティ について について について 方法 を 説明 説明 し ます ます し し し し し し し し 説明 の の


Weitere Informationen finden Sie unter IoT
(パートI)
300K
 

多くのIoTデバイスは他のデバイスまたはホストシステムと通信するために無線を使用します。電源レール信号と同様に、RF信号のプロービングは、できるだけ少ないノイズで、できるだけDUTへの影響を少なく、可能な限り最高の信号忠実度で行う必要があります。


Weitere Informationen finden Sie unter IoT
(パートII)
300K
 

前回の投稿では、Bluetooth Low Energy(BLE)アドバタイズ・バ ーストなどの RF バーストの振幅および周波数復調の実行方法について説 明しました。 続けて、RF 信号を分析する他の方法を解説します。


Weitere Informationen finden Sie unter IoT 300K
 

" 、IoTデバイスはその環境に関する情報を収集するために多くのセンサを使用します(図1)。多数のセンサーからの信号を同時に捕捉して解析する機能を持つことは、IoTデバイスの設計の適切かつ最適な機能を保証するために重要です。


Weitere Informationen finden Sie unter IoT 300K
 

"の もう 1 つの 側面 は 、 ic 間 および コントローラ と 周辺 間 の 通信 を 容易 に する ため に 使用 さ れる シリアル 規格 規格 が あり ます ます。 その ため を 見 て 、 、 、 、 、 、 および および および および および および を を を 見 見 て 、 、 、 、 、 、 および および および および および を を を 見 て て 、 、 、 、 、 および および および および を を を 見 見 て 、 、 、 、 、 および および および および を を 見 見 て 、 、 、 、 、 および および および を を 見 見 て 、 、みましょう。


【ブログ記事】IoTデバイスのCANバスのデバッグ   300K
 

IoT, IoT, CAN, I2C, SPI, UART, IoT, CAN


Siehe auch IoT, IoT, SATA, PCI Express und PCI Express 300K
 

"


【ブログ記事】IoTデバイスのDDRメモリのデバッグ(パートI) 500K
 

IoT-Technologie DDR-Technologie


IoT, DDR, DDR, DDR, (II) 500K
 

"の メモリ チップ と コントローラ に 関する 問題 の 例 を いくつ か て 、 オシロス コープ を 使っ て どの よう デバッグ が か か を 見 て み ましょ う う。。 &


MDA810, モータ・ドライブ・アナライザを使用した 研磨機のサイクルごとモータ解析 500K
 

"研磨機の場合のように、モータと駆動回路がどのように反応するかを理解するのに役立ちま


テレダイン・レクロイ モータ・ドライブ・アナライザを用いたモータの動的急加速損失測定 500K
 

"は 、 既知 の 定数 を 使用 し て 鉄損 および 銅損 成分 を し し それら を エンジニアリング モデル および 駆動 制御 フィードバック と 比較 する ことができ ます ます。 ≤


LabNotebook .zip herunterladen 500K
 

破損 し た Labnotebook .zip ア ーカイブ を 再 構築 て 、 データ ベース を 保存 し たり 、 保存 さ た た を し し たり できる よう に する 方法 ついて 説明 し ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 たり たり たり たり たり たり たり たり できる できる できる できる できる よう よう ついて し ます


XDEV オプション活用例 ~カスタムスクリプトによる動的なオシロスコープの設定変更 2MB
 

Teledyne LeCroy のオプショ ンのひとつに XDEV(高機能カ スタマイズ・オプションがあり ます。)これは強力なカスタマ イズ機能をオシロスコープに 追加します。今回はひとつの例 として、波形の捕捉ごとに動的 にオシロスコープの設定を変 更し、オフセットを補正して積 分演算を行うサンプルをご紹介


カスタム・パワー・パラメータの作成 3MB
 

スイッチング デバイス の 特性 の 際 に 、 様々 な 社内 評価 基準 従う ため に 標準 の 計測 パラメータ で は カバー ない カスタム の パラメータ が 必要 と なる 場合 が ます ます ます。。。 &
この 資料 で は テレダイン ・ レクロイ 製 オシロス コープ の 機能 を 用い いくつ いくつ の カスタム ・ パワー ・ パラメータ を 作成 例 を ご 紹介 し し ます。。 “


ハーフブリッジ回路のデッドタイム検査 2MB
 

ハーフブリッジ 回路 中 の と ローサイド の 同時 スイッチング による 短絡 故障 を ため に デッド タイム の 仕様 が 設け られ て ます。 この タイム を を 困難 が 伴う 伴う ハイサイド ハイサイド ハイサイド ハイサイド ハイサイド ハイサイド ハイサイド ハイサイド ハイサイド ハイサイド ハイサイド &ゲート駆動波形を測定するのに最適な光アイソレーションプローブの実測比較もご紹介しま


エンハンスド・サンプリング・レート・モード
計測精度
1MB
 

HDO4000A、HDO6000A、HDO8000A、MDA800Aオシロスコープにおいて低ノイズシステムアーキテクチャと、ブリック-ウォールに調整された周波数応答と組み合わされたエンハンスド・サンプリング・レートは、高周波の正弦波や高速立ち上がりエッジなどのような入力信号が非常に高い周波数の場合の計測制度を劇的に改善します。


テレダイン・レクロイの電源ノイズアナライザ 1.5MB
 

Internet der Dinge

  • 測定系のノイズが大きくて微小な電源ノイズが観測できない
  • 高周波の周辺ノイズが混入して電源ノイズが観測できない
  • プローブの負荷効果で、電源レールの電圧が低下してしまう他

高分解能オシロスコープ設計アプローチの比較 4MB
 

"ます。 この ペーパー は 、 それら が オシロス コープ 性能 に どの に 影響 する か の 例 を 交え ながら な 高 分解 能 設計 アプローチ の 概要 を 解説 ます ます。。。。。 &


【ブログ記事】オン・ダイ電源レール計測パート I 300K
 

"目的 の ため に する 為 の ファームウェア と 、 計測す べき 信号 用 に ボード の 底面 に 配置 し 同 軸 ケーブル 準備 し し ます。 “


【ブログ記事】オン・ダイ電源レール計測パート II 500K
 

"に 実際 に ダイ で 何 が 起こる でしょ う か? オン ダイ 電源 レール に は どの よう な こと が 見られる う? クロック の エッジ で は 何 が でしょ う か か?????????? ≤


III 500K
 

"あるのかにも注目します。


【ブログ記事】共有されたオン・ダイ電源レールの測定 300K
 

ダイ の の の の 電源 が コア 電源 レール と 有 さ れ いる 場合 に 、 コア 電源 レール の 値 を 取得 方法 方法 を を 紹介 し ます。。。。 値 値 いる 場合 紹介 し ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 測定 測定 値 値 を 取得 方法 紹介 し ます。。。 値 を 取得 方法 方法 を 紹介 ます。。。


【ブログ記事】オン・ダイ電源レール計測のセットアップ  500K
 

Hdo8108a オシロス コープ と と rp4030 アクティブ 電源 ・ プローブ の 組み合わせ を 使用 し た オンダイ 電圧 測定 を 取り上げ ます。。。。 使用 使用 使用 使用 使用。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 を を を を を 使用 使用 使用 し し た た オンダイ 電圧 ノイズ 測定 を 取り上げ 取り上げ ます。.


【ブログ記事】電源レール計測時の高周波混入の理解 1MB
 

"しょう。


【ブログ記事】10:1プローブがどれほどS/N比を劣化させるか 500K
 

マイクログリッパ で 行う 測定 と 比較 し て 、 10: 1 プローブ 行わ れ た 電源 レール 測定 で は どんな 効果 が か を 解説 し ます。


【ブログ記事】電源レール測定における帯域 gegen 電流負荷 500K
 

ここではDUTの電流負荷を最小限に抑えながら、高い測定帯域幅を達成する方法を取り上げま


【ブログ記事】電源レール・ノイズ: 微小信号、大きな直流オフセット  500K
 

レール 上 の 電流 を 減らす ため に 高い 直流 インピーダンス が 必要。 ​​大きな 直流 電圧 オフ セット の ある 非常 に レベル の 信号 を 見る 方法 を 紹介 し ます。。。 &


HDOオシロスコープのスペクトラムアナライザ・モード 1MB
 

Hdo4000 および Hdo6000 オシロス コープ で の 周波 成分 の 表示 解析 解析 容易 に に する スペクトラム ・ モード の 説 、 使用 方法 を を 紹介 し ます。。。 モード の 説 、 を 紹介 ます ます。。 モード モード の。 ます し ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 モード モード モード の の の の 解 の。。。。 モード の 解 説 、 使用 を 紹介 し ます。。。。


Ich 300K
 

良好 な 計測 結果 得る ため の おそらく 最も 重要 な 要素 の。 プロービング の 手法 と トレード オフ を 紹介 ます ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 -


【ブログ記事】プロービング手法とトレードオフパートII 300K
 

理想のプローブと実際のプローブの比較をしてプローブの仕様について考えてみましょう。


III 300K
 

オシロスコープやプローブではアナログ帯域が必ず議論となります。ここではっっっっっっっっっっ


IV. IV 300K
 

プローブの帯域と信号の立ち上がり時間の関係を検証してみましょう。


【ブログ記事】プロービング手法とトレードオフパートV 300K
 

プローブの負荷効果について解説します。


【ブログ記事】プロービング手法とトレードオフパートVI :ダイナミックレンジ 300K
 

ここ で は 、 コープ の プローブ を 選択 する 際 に 見逃 さ れる こと の ある 重要 な トピック ダイナミック レンジ 」解説 し し ます。“


【ブログ記事】プロービング手法とトレードオフパートVII :ダイナミックレンジ(続き) 300K
 

ここでは前回に引き続き、ダイナミックレンジについてさらに詳しく解説します。


【ブログ記事】プロービング手法とトレードオフパートVIII:ゲイン/減衰率 VS ノイズ 300K
 

オシロス コープ の プローブ ダイナミック レンジ の 内部 ゲイン/減衰 器 と と の 関連 について 解説 し ます。。


【ブログ記事】プロービング手法とトレードオフパートIX:実践例 300K
 

実践例ついて解説します。


【ブログ記事】プロービング手法とトレードオフパートX:実践例 300K
 

" 。


【ブログ記事】プロービング手法とトレードオフパートXI:理想的ではない状況 300K
 

"します。


レーダー計測の基礎
レーダーパルスの復調と計測
300K
 

"


【ブログ記事】オシロスコープの基礎: 帯域 300K
 

"オシロスコープの帯域について様々な方向から見てみたいと思います。


【ブログ記事】オシロスコープの基礎: トリガ 300K
 

誰し も オシロス コープ 捕捉 し た 波形 が 画面 上 に 安定 て 同じ 位置 に 表示 さ れ ない と いう 経験 する こと でしょ かもしれません う。 では 、 、 、 、 、 、 、 、 &ちょっとトリガとは何なのか、なぜオシロスコープでトリガが重要なのかをみてみましょう。


【ブログ記事】オシロスコープの基礎:バナースペックの概要 200K
 

"があるのでしょうか?


【ブログ記事】オシロスコープの基礎: サンプリング・レート 200K
 

"


【ブログ記事】オシロスコープの基礎: シーケンス・モード 200K
 

"この資料ではシーケンス・モードについて解説します。


【ブログ記事】オシロスコープの基礎:ランダム・インタリーブ・サンプリング 200K
 

"紹介します。


【ブログ記事】オシロスコープの基礎: FFTの設定 200K
 

"利点があります。波形にFFTをかける理由など紹介します。


【ブログ記事】オシロスコープの基礎: オシロスコープの操作 パートI(1/2) 300K
 

Weiterlesen


【ブログ記事】オシロスコープの基礎: オシロスコープの操作パートII(2/2) 300K
 

Weiterlesen


計測パラメータを使いこなす ~バースト波形の時間計測例 1.7MB
 

"考え、3つの方法をご紹介します。


MDA810 ist ein MDAXNUMX-MDAXNUMX 800K
 

"


【2017 AUTOMOTIVE EMC GUIDE 掲載記事 】 Weitere Informationen zu EMC 1MB
 

"の 固定 さ れ スペース の 中 に 収める 信号 を 絶え 間 く 拡張 する こと となり まし た。 この 記事 は オシロス を 用い E


EMV-Bedingungen 
~電気的ファスト・トランジェント/バースト試験の波形チェック
200K
 

EMC試験室の試験前点検のひとつとしてIEC61000-4-4電気的ファスト・トランジェント/バースト試験における試験機器の波形確認が行われますが、この設定例をご紹介します。


MDA810, DC, DC, DC, DC, DC, DC 200K
 

DCブラシレス・モータと付随するドライブ回路の評価と解析には、動的イベント中の波形を表示し、時間の経過とともに変化する計測値を可視化する機能が必要です。この資料では従来型のパワーアナライザとモータ・ドライブ・アナライザの解析機能の比較をします。


MDA810, モータ・ドライブ・アナライザを用いたAC誘導モータ・ドライブの評価 1MB
 

AC誘導モータ・ドライブの徹底した特性評価と解析には、動的イベント中の波形を表示し、時間の経過とともに変化する計測値を可視化する機能が必要です。この資料では従来型のパワーアナライザとモータ・ドライブ・アナライザの解析機能の比較をします。


【ブログ記事】ジッタの基礎(ジッタ編 1/4) 300K
 

"たいくつかのツールを見ていきます。


Weiterlesen 2/4) 300K
 

トータル・ジッタを構成する様々な分類について解説します。


【ブログ記事】なぜジッタを計測しなければならないのか?(ジッタ編 3/4) 300K
 

なぜジッタを計測(TIEを用いて定量化)しなければならないかについて解説します。


4/4) 300K
 

広い意味でジッタがどのように計測されて定量化されるかを見ていきます。


SPI-出力の A/D-変換器の評価 1MB
 

"


【ブログ記事】組み込みシステムのシリアル・バスのデバッグ パートI(1/3) 300K
 

Weiterlesen


Ⅱ(2/3) 300K
 

組み込みシステムの SPIプロトコルのデバッグについて解説します。


【ブログ記事】組み込みシステムのシリアル・バスのデバッグ パートⅢ(3/3) 300K
 

組み込みシステムのUARTプロトコルのデバッグについて解説します。


【ブログ記事】パッシブ・プローブのグランド・リードの効果 300K
 

パッシブ・プローブのグランド・リードの効果について解説します。


【ブログ記事】バウンシング信号の観測 600K
 

情報 の 秘匿 性 を 為 など に 広く 用い られ て いる 周波 ホッピング ホッピング スペクトラム 拡散 拡散 の オシロス コープ による 解析 を 解説 し ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 -


【ブログ記事】デジタル・データ品質を確認するコンスタレーション表示 300K
 

通信 に 用いる 直交 系 の 評価 を 行う 一般 的 手法 として コンスタレーション 表示 が あり ます が 、 オシロス を 用い て する 手法 を 解説 解説 し ます。。。。 コープ を て 表示 解説 し ます。。。。。。。。。。 -


【ブログ記事】シリアル・データ入門:マンチェスター・データ・エンコーディング 300K
 

イーサネット の 10Base に 用い られ て いる こと で 知ら マンチェスター ・ エンコーディング について の 技術 的 基礎 を に 解説 し ます。。。。 の の の の。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 について について について について について の の の の 技術 技術 技術 的 的 基礎 基礎 簡単 に 解説 し ます。。 の 的 基礎 を 簡単 に 解説 し し し し し し し し し し


【ブログ記事】RFバーストの包絡線の決定
(Demodulation von 1/2)
300K
 

電子 戦用 に 用い られる に対して よく 用い られる 重要 な 計測 を どの に 行う か 、 、 また 頻繁 要望 さ れる 計測 一つ に こなす こなす こなす こなす こなす こなす こなす こなす こなす 4つの方法を解説します。


【ブログ記事】Demodulationを用いたレーダー信号の解析(Demodulation編 2/2) 300K
 

オシロス コープ の Demodulation 演算 は 、 レーダー 信号 の 解析 は 非常 に 便利 です。 この 演算 による 計測例 の か 紹介 し ます。。。。 この この この この この。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 この この この この この この 演算 演算 演算 による 計測例 に ます。。 この 演算 による 計測例 の か か 紹介 ます ます。。。。。。。


【ブログ記事】トレンド関数で見る電源の安定度 300K
 

"関数について解説します。


【ブログ記事】ヒストグラムの利用Ⅰ(1/4) 300K
 

ヒストグラムの基本と、信号パラメータのランダムな変動の統計的表示の仕方を解説します。


【ブログ記事】ヒストグラムの利用Ⅱ(2/4) 300K
 

ヒストグラムを使ってどのように製品の仕様を決定するか解説します。


【ブログ記事】ヒストグラムの利用Ⅲ(3/4) 300K
 

信号 を 時間 軸 周波 数 軸 に 加え て 統計 で 見る こと により 、 どの よう に 問題 の 原因 を 見つける に なる か 解説 解説 し ます。。。。 根本 原因 見つける により 解説 し ます。。。。。。。。。。 -


【ブログ記事】ヒストグラムの利用Ⅳ(4/4) 300K

ヒストグラム を 使っ た の 一例 として 、 パラメータ 自動 計測 と ヒストグラム および 波形 検索 機能 を 組み合わせ た 問題 解決 の 仕方 解説 し し ます。 “


SI Studio wird von SI Studio unterstützt 300K
 

Si Studio は 誰 で 無料 で 使える 波形 ビューワ です 。SI Studio で どの よう な ことができる か 解説 し ます さらに 詳しい 方 方 は こちら の 資料 を ご覧 ください。。。。 さらに 詳しい 方 こちら 資料 を ください。。。。 さらに さらに。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 さらに さらに さらに さらに 詳しい 詳しい 方 方 の を ご覧 ください。 さらに さらに 詳しい 方 方 は ご覧 ください。。 さらに さらに 詳しい 使い 方 方 の ご覧 ください。。
SI STUDIO ist eine PDF-Datei


【ブログ記事】コヒーレント信号の基礎
(光変調アナライザ編 1/3)
300K
 

コヒーレント 信号 の 原理 、 コヒーレント 信号 の 要件 、 利用 の 目的 と 、 、 コープ 上 上 で 表示 方法 について 解説 し ます。 “


【ブログ記事】光変調アナライザとは?
(光変調アナライザ編 2/3)
300K
 

コヒーレント信号の基礎と光変調アナライザの基本について解説します。


【ブログ記事】光変調アナライザの性能の検証
(光変調アナライザ編 3/3)
300K
 

OMAの仕様、特にシステム帯域を取り上げ、OMAの性能指標が、計測システムにどれほど意味のある解析ができるか解説します。


Virtuelle Sonde, Augen, Augen 300K
 

" " Auge, Auge, Auge, Auge, Auge, Auge


【ブログ記事】プローブの校正法
パート Ⅰ(1/2)
300K
 

この資料ではプローブの校正法と負荷効果について解説します。


【ブログ記事】プローブの校正法
パート Ⅱ(2/2)
300K
 

この資料ではプローブの校正法を実例を交えて解説します。


【ブログ記事】プローブの基礎パート I(1/4) 300K
 

この 資料 で は な プローブ が どの よう な 目的 で 使わ 、 それら を 用いる こと が 計測 結果 に よう に する する か を 見 て いき ます ます。。 &


【ブログ記事】プローブの基礎パートⅡ(2/4) 300K
 

アプリケーション毎にどのようなプローブが有用かなど、さらにプローブの基礎について解聬ぬ


【ブログ記事】プローブの基礎パートⅢ(3/4) 300K
 

"


Ⅳ (4/4) 300K
 

この資料では差動プローブがどのような種類があるのかなどを解説します。


【ブログ記事】Sパラメータの基本に立ち戻ろう 300K
 

Sパラメータの基本について解説します。


【ブログ記事】シグナル・インテグリティの専門学校入校案内 300K
 

シグナル ・ インテグリティ の 分野 エキスパート である である である である である である である である である て いる ビデオ ビデオ 教室 「Signalintegritätsakademie」 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 て て いる 教室 教室 「「 の 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 紹介 て いる 教室


【ブログ記事】Sパラメータがインターコネクトについて明らかにするもの パートⅠ(1/3) 300K
 

S- "


【ブログ記事】Sパラメータがインターコネクトについて明らかにするもの 
パートⅡ(2/3)
300K
 

2 ポート の パラメータ を 挿入 損失 と リターン ・ ロス と 関係 関係 合わせ て 見 て いき ます。 また 、 、 と と の か の を を 解説 し ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます ます 、 ます を に する か を 解説 し ます ます ます ます ます ます 、 、 について 明らか に する か を 解説 し ます ます ます ます 、 、 について を に する か を 解説 し ます ます 、 、 。


【ブログ記事】Sパラメータがインターコネクトについて明らかにするもの 
パートⅢ(3/3)
300K
 

S11 と S21 の いくつ の 良く 良く 見 れる パターン を 取り上げ 、 それ 何 に 起因 起因 する の 、 そこ から インター について 何 が が 分かる の か 考え て み ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 について について について について について について について について について について について について について について について について について について について について について。。。。。。。。。。。.


【ブログ記事】ジッタの歴史パートⅠ(1/5) 300K
 

"に取り扱っていけるのかという、過去、現在、未来に渡る「ジッタの物語」を始めましょう。


【ブログ記事】ジッタの歴史パートⅡ(2/5) 300K
 

"


【ブログ記事】ジッタの歴史パートⅢ(3/5) 300K
 

引き続き 、 ジッタ の と その 対策 の 進展 を 振り返り ます。 レシーバ 見 見 られる ジッタ の 関数 として として を こと について 解説 し ます。


【ブログ記事】ジッタの歴史パートⅣ(4/5) 300K
 

1990 年代 の 終わり 新 世紀 の 始まり にかけ て 、 ジッタ 測定 展望 が 大幅 に 変わる 転機 が 訪れ ます。 変化 の 歴史 を この 記事 で 取扱い ます ます。。。 この この の 歴史 記事 で ます ます。。。。 この。。 ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 この この この 変化 の 歴史 ます ます。。。 この の 歴史 歴史 この で 取扱い ます。。


【ブログ記事】ジッタの歴史パートⅤ(5/5) 300K
 

"


Impulse Response Time Limitingを使用したSPARQ S 300K
 

Sparq ソフトウェア の バージョン 6.5.0.2 から 、 パラメータ 計算 プロセス の 一部 インパルス インパルス 時間 を 制限 する オプション (Grenze Impulsantwort) が ユーザ に 公開 さ れ まし た。。。。


CA10 電流センサアダプタを使用する
~Danisense社電流計測センサの場合
300K
 

CA10電流センサアダプタを使用すると、サードパーティ製電流計測デバイスをTeledyne LeCroy製プローブと同じように取り扱うことが出来ます。ここではCA10をどの様に使用するかをDanisense社のフラックスゲート式電流センサの場合で簡単に紹介します。紹介したCA10のそれぞれの設定は、電圧出力の他の電流センサに簡単にとととととぜ


CA10 電流センサアダプタを使用する
~ロゴスキー・コイルの場合
300K
 

Ca10 電流 センサアダプタ 使用 する と 、 サード パーティ 製 電流 計測 デバイス を を を を。 ここ ここ で で は は ・ コイル を どの 様 使用 する を を を を 社製 社製 ・ ・ コイル コイル コイル コイル の の の の の の の の の の の の の の 使用 する を pem-euk 社製 ・ コイル コイル の の の の の の の 使用 する を pem-euk 社製 ・ コイル コイル の の の の に 使用 する を pem-euk 社製 ・ コイル コイル の の の の に 使用 する を pem "


CA10 電流センサアダプタを使用する
~Pearson社電流センサの場合
300K
 

CA10電流センサアダプタを使用すると、サードパーティ製電流計測デバイスをTeledyne LeCroy製プローブと同じように取り扱うことが出来ます。ここではCA10をどの様に使用するかをPearson社製電流計測センサの場合で簡単に紹介します。紹介したCA10のそれぞれの設定は、電圧出力の他の電流センサに簡単に用で偧


CA10 電流センサアダプタを使用する
~電流トランスフォーマの場合
300K
 

CA10電流センサアダプタを使用すると、サードパーティ製電流計測デバイスをTeledyne LeCroy製プローブと同じように取り扱うことが出来ます。ここではCA10をどの様に使用するかを村田パワーソリューションズ製電流トランスフォーマの場合で簡単に紹介します。紹介したCA10のそれぞれの設定は、他の電流トランスフォーマに。ま単にま用で


MDA810 モータ・ドライブ・アナライザのレゾルバ・インタフェースを使用する 300K
 

モータ 軸 速度 、 および 絶対 位置 の 計算 の 為 に.


【ブログ記事】
PAM4の基礎(PAM4編 1/3)
300K
 

様々な方面で高い評価を受けているPAM4変調方式ですが、この文書では、試験や解析で指摘されている課題を見る前に、PAM4の基礎を見ることにしましょう。


【ブログ記事】
アプリケーションに応じたPAM4テストセットアップ(PAM4編 2/3)
300K
 

Pam4 が 実際 に さ れる アプリケーション を 見 、 それぞれ の アプリケーション 必要 と なる 試験 と 計測 の セットアップ を 検討 し ます。。。 なる なる 試験 なる。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 なる なる なる なる 試験 試験 と と 計測 の セットアップ 検討 し ます。 なる 試験 と 計測 の を 検討 検討 し ます ます


【ブログ記事】
PAM4信号試験の課題(PAM4編 3/3)
300K
 

PAM4 信号の出現によって持ち上がった試験・計測の課題の簡単な概要を紹介します。


MDA810 ist ein MDAXNUMX 1.8MB
 

"


【ブログ記事】
Ⅰ (1/3)
300K
 

" "


【ブログ記事】
モータ・ドライブ・システム試験の課題
パートII(2/3)
300K
 

" 。次に、アーキテクチャやトポロジの観点から現実世界の様々な形式のVFDのいくつかを見てみ


【ブログ記事】
モータ・ドライブ・システム試験の課題
パートIII(3/3)
300K
 

"空間ベクトル(パルス幅)変調(SVMまたはSVPWM)について解説します。


【ブログ記事】
スイッチング電源の試験手法(1/3)
300K
 

"たDC-DCコンバータに供給され、様々な電圧に変換されて各電源ラインに分配供給されます。スイッチング電源の試験に関連した測定技術と留意点をいくつか見てみましょう。


【ブログ記事】
スイッチモード定の誤差を低減(2/3)
300K
 

" " 。


【ブログ記事】
スイッチング電源のデバイス解析(3/3)
300K
 

スイッチングAC-DC電源の試験に関して、これらの機器の評価に必要となる幅広い測定項目の概観から始まり、多くの場合差動プローブを用いる測定がパッシブ・プローブを用いる測定よりも優れていることを見"に目を向けてみましょう。


 
三相パワー計測機器の比較 1MB
 

テレダイン ・ レクロイ の モータ. Weitere Informationen finden Sie unter:


SPARQ測定例
~Peelingによるコネクタ部反射ポイントの影響の削除
1MB
 

" "したGating 機能を使用して伝送線路部分のみの特性を抽出してみます。


SDA III ~ジッタ計算手法の解説~ 1MB
 

SDAIII-CompleteLinQ ツールセットには、トータル・ジッタ、ランダム・ジッタ、デタミニスティック・ジッタ( (Tj, Rj, と Dj)および周期性ジッタ (Pj)と符号間干渉(ISI)とデューティ・サイクル・ディストーション(DCD)を含むデータ依存ジッタ(DDj)を計算します。ツール・セットには、Tj、Rj とDj を分離するためDual-Dirac モデルをベースとした三種類のアルゴリズムを実装しています。このWeiterlesen


パワーエレクトロニクス解析ソリューション 450K
 

"

  • デバイスの動的なON抵抗(飽和電圧)を計測
    Kann nicht
  • 従来 の オシロス コープ は 、 スイッチング 時 に 発生 する オーバー シュート 、 微小 な ノイズ を 正確 に 計測 でき ない。。。。 、 微小 微小 -
  • 6-kV-Stromversorgung

DDR デバッグ・ツールキット 200K
 

【マイナビニュース・テクノロジ掲載記事】
DDR メモリ搭載システムの設計 / 開発を強力にサポート

  • 強力なアイパターン解析
  • DDR のジッタ解析
  • DDR 専用パラメータ解析
  • 解析ビットの選択

デジタルからメカニカルまでサポート可能なモータ・ドライブ・アナライザ 200K
 

【マイナビニュース・テクノロジ掲載記事】
モータ・ドライブの研究 / 開発に求められる多角的な解析を 1 Jahr

  1. は じ め に
  2. 優れた基本性能 ─ 12 ビット高分解能と 8 チャンネル入力
  3. 多様な用途に柔軟に対応する直感的な ユーザーインタフェース
  4. デバッグに役立つ過渡現象の動的解析機能
  5. 作業効率を低下させない視認性の高い表示技術
  6. デジタルからメカニカルまでトータル・サポート

パワエレの効率化を支援モータ・ドライブ・アナライザ 600K
 

"を紹介します。


効率的なDDRデバッグの新手法 600K
 

"DDR"


QPHY-DDR3 保存波形でのテスト 2MB
 

QPHY-DDR を使用してコンプ ライアンス・テストを行うとテストレポートが生成されます。このレポートには各テス ト項目毎の最悪値位置のズーム波形の画面キャプチャが添付されています。しかし、特 にFail の結果が出た場合など、もう少し波形を詳しく見てみたい場合があります。 この場合、実測波形を用いずに以前テストを行った保存波形を用いてテストし、該当テスト項目でQPHYを止めて"


Teledyne LeCroy.
リモート・プログラミングの準備
2MB
 

"


超音波診断/非破壊検査用ソリューション 600K
  オシロス コープ は 超 診断 / 非 破壊 検査 など の 研究 ・ で も 活用 さ れ れ て い ます テレダイン ・ レクロイ 高い 分解 能 を ご ご 紹介 し し ます ます。。。。 &

SI STUDIO ist die beste Lösung 1.2MB
  SI STUDIO(SPARQ ソフトウ ェア)はPC 上で動作する波形 シミュレーション・ソフトウ ェアですが、オシロスコープ のソフトウェアをベースとし ており、波形ビューアとして も便利に使用できます。 PC 上のフリーソフトウェアであるWaveStudio "

パワーデバイス関連計測・解析ソリューション 300K
  【パワーデバイス大全2015】
  • 高効率インバータ回路測定の課題
  • 12ビット高分解能オシロスコープによる動作状態での導通損失測定
  • 差動アンプによる動作状態での導通損失測定他

変調解析-PWM 300K
 

パルス幅変調(PWM)は電源回路や産業用制御システムで一般的に使われています。Teledyne LeCroy のオシロスコープにはPWM 信号に印加された変調信号を抽出するためのいくつものパラメータや演算が用意されPWM, PWM, PWM, PWM, PWM, PWM, PWM


テレダイン・レクロイのSPM評価ソリューション 500K
 
  • ノイズの少ないクリアな波形を表示させたい
  • 単発捕捉でかつ高分解能のオシロスコープがない

SPM, AFM, 振動センサ、光センサの測定で起こる問題点・課題を解決いたします。


高速パルスレーザー装置の波形観測ソリューション 500K
 
  • 波形観測を行う際、波形データの保存やその後PCでの処理など一連の作業が面倒
  • パルスレーザー装置からのパルス・エネルギーなどを正確に把握したい
  • 補足したパラメータの統計処理
  • 波形パラメータの時間変動を確認したい
  • 多数の波形を短時間に取得したい。

Weiterlesen


SPARQ を使用したフィクスチャのSパラメータ抽出 1.5MB
 

Sata コネクタ 等 の 同軸 タイプ タイプ の の を を コープ で 測定 に は コネクタ 変換 変換 の 為 に を 使用 し ます この フィクスチャ。 の 伝送 特性 アルゴリズム 使用 し は た は 困難 です。。。 アルゴリズム を 使用 し し た た は 困難 です。。 伝送 アルゴリズム 使用 使用 し し た た は 困難 です。。 伝送 アルゴリズム 使用 使用 し し た た は です。。 伝送 アルゴリズム を 使用 し し た た は です。。 伝送 アルゴリズム を 使用 こと は た で は です。 Zeitdomäne Gating 機能 を 用いる こと 実際 実際 に 使用 フィクスチャ の 測定 値 から フィクスチャ の の の パラメータ を 抽出 する が 可能 なり なり ます。


Was ist das? 200K
 

● ON領域での損失を測定が難しい
● 広い電圧スイング波形を観測したい
● 数VのON領域を測定するのが難しい

スイッチング電源開発における素子の損失測定で起こる問題点・課題を解決いたします。


制御ループの解析
~電源回路におけるフィードバック・ループの応答測定~
200K
  全て の 電源 回路 出力 電圧 も しくは 電流 を モニタ し て 値 に 制御 する ため の フィード バック ・ ループ 持ち ます。 ループ 解析 解析 を 行う こと こと が が が が が が が が が が が &出来ます。

SOA (Sicherer Betriebsbereich)の測定
デバイスのストレス・リミットのモニターによる
信頼性の向上~
300K
  " Sicherer Betriebsbereich (安全動作領域)  

テレダイン・レクロイのセンサ評価ソリューション 440K
 
  • ノイズの少ないクリアな波形を表示させたい
  • 高分解能センサーを測定するのにオシロスコープ
    の分解能が8ビットしかない!

加 速度 / / センサ 、 音響 センサ 、 振動 センサ 、 光 センサ の センサ 評価 で 起こる 問題 点 ・ 課題 解決 いたし ます。。。。 で 起こる 起こる で。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 評価 で で で 起こる 起こる 問題 点 ・ 課題 解決 ます。。 で 起こる 点 ・ ・ を 解決 いたし ます ます ます。 ます ます ます ます ます ます。。。。。。。 点 点 点 ・ 課題 を 解決 いたし ます ます ます ます ます 点 点 課題 を 解決 解決 いたし ます ます

 

高速化する車内通信の伝送路評価に
お困りではありませんか?
500K
 
  • 従来型VNAやTDR測定器 は重量・サイズの制約が大 きく現場での測定が困難!
  • ノイズの多い環境での測定で故障が心配。
  • RF測定器は難しそう。
  • 高周波シミュレータは敷居が高い。

伝送路評価で起こる問題点・課題を解決いたします。

 

EV搭載のパワー・デバイスの計測に新境地!
自動車に搭載されるパワー・デバイスの計測でお困りではありませんか?
500K
 
  • スタート時の過渡的な回路挙動を計測したいが、うまく測れない。
  • IGBT: VCE(sat) und VCE(sat)

自動車に搭載されるパワー・デバイスの計測で起こりうる問題点、課題、解決方法をご紹介

 

高効率インバータ回路の導通損失の測定 500K
 

より 高効率 な インバータ 開 発 が 求め られる 中 、 これ まで 以上 スイッチング スイッチング デバイ ス の 詳細 な 測定 が 必要 なっ て き て い い ます。。 “

  • 動的な VCE(sat) もしくは VDS(ON)測定の必要性
  • 導通時損失測定方法
  • 8-Bit-Versionen, 12-Bit-Versionen, XNUMX-Bit-Versionen   
  • 差動アンプ(DA1855A)による測定
  • Software zur Leistungsanalyse
 

高速シリアル・インターフェイス入門(1)
~なぜいま、高速シリアル・インターフェイスなのか~
300K
  【EDN Japan掲載記事】
今回から全5回にわたって、いま話題となっているUSB 3.0などの高速シリアル・インターフェイス技術の概要をオ シロスコープを使った計測という切り口から紹介していきま す。第1回となる今回は、高速シリアル・インターフェイス に共通している技術的な解説の入門編をお送りします。
 

高速シリアル・インターフェイス入門(2)
~あらためて学ぶ、DDR2の高速化技術~
300K
  【EDN Japan掲載記事】
今回取り上げる規格はDDR2です。パソコンのメインメモリ として広く利用されているDDR2はシリアル・インターフェ イスではありませんが、信号の高速化のために共通した技術 が用いられています。本稿ではこうした高速化技術を中心に解説をしたいと思います。
 

高速シリアル・インターフェイス入門(3)
~計測面からのぞくSerial ATA
350K
  【EDN Japan掲載記事】
今回は、純粋なシリアル・インターフェイスであるSerial ATA(SATA)を取り上げます。パソコン内部のハードデ ィスクの配線を簡素化/高速化するために、ATAをシリアル に置き換えることが目的だったSATAは、その用途が拡張し ています。
 

高速シリアル・インターフェイス入門(4)
~PCI-Express-Verwendung
500K
  【EDN Japan掲載記事】
第 4 回 と なる 今回 は 、 pci express を ます 。pci exprim は 、 コンピュータ ・ マザー ボード の 拡張 バス であり 、 以前 の パラレル バス である た た もの もの もの です です。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。.
 

高速シリアル・インターフェイス入門(5)
~新規格USB3.0、計測面ではどう変わった?~
500K
  【EDN Japan掲載記事】
今回は、USB3.0の概要とその計測例をいくつか示します。 USB3.0は最新の規格なので、半導体技術だけではなく、 計測技術も含めて新たな手法を用いています。
 

Verarbeitung Web-Editor 640 k
  本 書 は 、 し た 波形 の 解析 、 複数 の 演算 処理 を 行う 場合 に 便利 な グラフィカル ・ ツール ツール ツール ツール ツール ツール ツール ツール について し て て ます ます。。。 ・ ツール verarbeiten  

パラメータ計測の Tor と Akzeptieren 450 k
  本 書 は 、 測定 の 対象 波形 を ゲート 設定 し たり 取得 値 値 範囲 指定 指定 て 解析 する 場合 について し て い ます。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 -  

CustomDSOによる簡易メニュー作成 800 k
  CustomDSO を 使う と ユーザ インタフェース の の が でき ます。 本 書 は 、 、 、 、 の の 簡単 な 方 を 説明 て い ます。。  

XStream-Browser 370 k
  Xstream -Browser を 使う と 、 オシロス コープ の 制御 を 見る ことができ ます。 リモート 制御 を はじめる 際 に に なる 資料 です。。。。 を を を を 制御。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 制御 制御 制御 制御 制御 を を はじめる 際 に 参考 なる です。。 を はじめる 際 に 参考 に なる 資料 です です です です です です です です です です です です。 際 際 を 際 に に 参考 に なる 資料 です です。  

Zweitrangige Zweitplatzierte 1MB
  2nd-Tierキャリブレーションを使うと、校正面を共試体の直前にすることができます。 この資料ではケーブルテストの際に課題となるフィクスチャのデエンベッドへの適用例を示します。  

Visual Basic-Anleitung 400K
  Visual Basicrbスクリプトは、オシロスコープに組み込んで、オシロスコープの動作を自動化するプログラムとして使われます。Visual Basicスクリプトを実行すると、オシロスコープの動作を自動的に制御することができます。この資料は、オシロスコープ上でWeitere Informationen finden Sie unter:  

Klicken Sie auf FEXT/NEXT 400K
  Lecroy Sparq シグナル ・ ・ ネットワーク ・ アナライザ アナライザ は ケーブル アセンブリ 、 プレーン プレーン ボード 間接 間接 続 コネクタ の トーク の 特性 素早く 測定 測定 し ます。 。Near-end-crosastal (nächst差動ポート設定でもシングル・エンド設定でも測定が可能です。  

デジタルオシロスコープを使用したセンサとアクチュエータの測定 500K
  "の例をとりあげますが、この方法はすべてのタイプのセンサとアクチュエータに適用可能で  

ChannelSync 500K
  " Weitere Informationen zu ChannelSync finden Sie unter ChannelSync.  

S-パラメータの解説 630K
  本書 は オシロス の ユーザー にとって S-  

オシロスコープにおけるデジタル信号処理(DSP) 240K
  ・DSPの利用法
・オシロスコープにおけるDSPの実装
・デジタル・オシロスコープにおけるDSPの利用法
・信号忠実度の向上
 

PCIE プロトコル・アナライザの省電力機能ASPMの検出能力 176K
  ASPM
・試験方法
・データの記録と解析
 

PCI ExpressR ist eine benutzerfreundliche Lösung 220K
  ・外部トリガ接続の概要
・BNC を使った外部トリガ
・ブレークアウトボードを使った外部トリガ
 

LVDS, CML, No.1 730K
  ミックスド ・ シグナル ・ オシロス を を 活用 し た た た の 評価 パラレル データ と シリアル データ の 相関 解析 > >
"
 

LVDS, CML, No.2 1.2MB
  SSC(スペクトラム拡散クロック)の評価  

SDA II ジッタ計測法の解説 174K
  レクロイのSDA II 解析パッケージ はトータル・ジッタやジッタをブ レークダウンさせるために2つの 方式を採用しています。このドキ ュメントでは数学的な話を除いて、 それらの方式について解説します。  

LXIインターフェース 530K
  Gpib インタフェース に 新た な インターフェース である lxi を し た オシロス コープ の 機能 及び 接続 方法 を 紹介。。  

IsoBER 400K
  ・IsoBER の等高線図の重要性
・IsoBER はクロストークを特定します
 

Kabel-De-Embedding 180K
  ケーブルによる測定誤差を取り除きます。  

X Stream II 55.3K
  Für LAB und X-Stream II ist X-Stream II kein Problem.  

TriggerScan 140K
  不良現象検知のための伝統的な観測方法
トリガ・システム
TriggerScan
 

Dezember 2006 470K
  ジッタ解析Dj/Rj分離解析の限界
レクロイが提案する新たなジッタ解析の手法
・Dual-Diracモデル
・DDjの性質
・DDjの計測
・DDj計測の問題点
 

Dezember 2006 470k
  回路シミュレーションのリアルタイム検証
オシロスコープにPSpiceを組込み実信号でシミュレーションを行う新手法
・SLPSの概要
・PSpiceモデルのオシロスコープへの組込み
・利点と応用
 

Dezember 2005 600K
  WaveRunner6000 von EMC
・ロングメモリの必要性
・計測対象パルスの選択
・統計解析
 

Dezember 2005 400k
  Dasselbe gilt für VBA
・DBCファイルを使ったシンボリック解析
・複数ラインの同時解析機能
・CANトリガのシンボリック設定
・CAN信号の解析
 

PSpiceA/D von LeCroy 420K
  ・回路シミュレータOrCAD PSpiceA/D 概要
・オシロスコープとPSpiceA/D の連携設定
 

Dezember 2005, 10. Oktober 2 85K
  Siehe auch UWB (Ultra Wideband).
プロトコル・アナライザ・システム「UWBTracer」を発表
 

Dezember 2005, 10. Oktober 1 900K
  VisualBASIC.NET ist ein Plug-in für CustomDSO
SerialATA ist eine Datei für SerialATA
・.NETでの変更点
・プログラムの技法
・SATAプロトコルのデコード
 

Dezember 2005, 09. Oktober 2 300K
  PCI Express Gen2, SDA-PCIE-G2, SDA-PCIE-GXNUMX
・SDA-PCIE-G2の概要
・Gen1のVer1.1仕様 
・X-Wiederholung
 

Dezember 2005, 09. Oktober 1 650K
  レクロイのSDAの新機能マルチ・アイパターン
複数のマスクで複雑な信号を評価
・SDA (Serial Data Analyzer)に新機能(マルチ・アイパターン機能)を搭載
 

Dezember 2005 700 k
  高速シリアル・インタフェースのレシーバー解析に新提案
イコライザ・シミュレーションをオシロに組込んだシリアル・データ解析
・イコライザの効果
・シミュレーションの活用
・オシロスコープの機能との融合
・サンプリング・オシロスコープでの応用
 

Dezember 2005 400K
  CIS (Coherent Interleaved Sampling) wird mit 10 MS/s unterstützt
・シーケンシャル・サンプリング
・コヒーレント・サンプリング
・10MS/sの高速サンプリング
・パターン・ロック
・低ジッタ
 

Springe über die Leistungskurve
高速・広帯域・ロングメモリを実現した2つの革新的テクノロジ
2MB
   

Dezember 2005, 06. Oktober 2 600KB
  シリアル・データ解析と周波数特性バンド幅だけでは分からない測定品質
・測定帯域
・フラットネス
・グループ・ディレイ
・DSP
・測定帯域とジッタ測定性能
・SDA11000
 

Dezember 2005, 06. Oktober 1 450KB
  オシロスコープの性能を飛躍的に高めるDBI(Digital Bandwidth Interleave)技術次期シリアル・インタフェースの転送送送送庯庫
・SiGe技術
・DBIテクノロジ
・信号品質とジッタ特性
・アップグレード・パス
 

Dezember 2005, 04. Oktober 2 160 k
  6 Gbit/s und mehr
11 GHz SDA-11000, SDA-XNUMX
・開発背景
・製品概要
· Haupteigenschaften
 

Dezember 2005, 04. Oktober 1 400 k
  100 GHz und mehr
「WaveExpertシリーズ」
・モノリシック・サンプラ
・豊富なモジュール
・ロングメモリとパターン・ロック
・アイパターン解析
・タイムベース
・TDR計測
・ジッタ解析とSDA100G
 

Dezember 2005, 03. Oktober 2 350K
  16. MS-32
4chオシロスコープに32ビット・デジタル・チャンネルを追加
・開発背景
・「MS-32」の概要
・「MS-32」のトリガ機能
 

Dezember 2005, 03. Oktober 1 500K
  CAN信号のデータ値をプロットするなど
Weitere Informationen finden Sie unter CANbus TDM.
・CANbus TDMの概要
・CANbus TDMの新機能
・CANメッセージの値のプロット
・CANbus TDの機能強化
 

Dezember 2005 60 k
  レクロイとCATCの統合
シリアル・データ・マーケット戦略の強化
・CATC社の紹介
・プロトコル層解析ソフトウェア
・プロトコル層解析ハードウェア
・レクロイの戦略
 

Dezember 2005 700k
  Für Windows-Anwendungen, NI-Anwendungen, LabVIEW-Anwendungen, Windows-Umgebungen
・XstreamDSOのカスタマイズ機能について
・LabVIEW-Anleitungみ
・LabVIEW-Anleitungみの応用例1(パラメータ演算)
 

Dezember 2004 400 k
  オシロスコープのデータ管理/レポート作成機能
レクロイの新製品「LabNotebook」
・保存データベース
・波形表示画面へのコメントの挿入
・レポートの作成
 

Dezember 2004 900K
  高速差動信号を忠実にピックアップするプローブ・ソリューション
レクロイの広帯域差動プローブ「D600ST」
・フレキ基板を利用した3種類のリード
・用途に応じた自由な組み合わせ
・負荷効果と信号品質
 

Dezember 2004 420 k
  6種類のRj / Dj の分離法
目的に合わせて選ぶアルゴリズム
・3つの目的
・3つのアルゴリズム
 

Dezember 2004 720K
  簡便な操作で高精度のジッタ測定
広範なアルゴリズムに対応したジッタ・ウィザード
 

Dezember 2004 530k
  サイン補間の数学的考察
デジタル・オシロスコープの補間手法の技術的背景
・サンプリングの数学的意味
・サイン補間
・サイン補間の限界
 

Dezember 2004 300k
  高精度のタイミング測定を保証する
TF-DSQ
・多様なプローブに対応
・デスキュー
・DC ゲインの校正
 

Dezember 2004 600K
  CAN信号の物理層/プロトコル層の相関解析
Siehe CANbus TD/CANbus TD
 

Dezember 2004 1.2MB
  PCI-Express ist die Lösung für PCI Express
PCIE-PCIE
・コンプライアンス試験
PCIE
・PCI Expressの高度な解析
 

Dezember 2004 300K
  ロジックとアナログ混在信号の解析
Von WaveRunner6000 und GoLogic ist die Rede
 

Dezember 2004 300K
  Serielle ATA-Schnittstelle
N Zyklus VS Nプロット
 

Dezember 2004 400K
  青色レーザの信号評価
次世代光ディスクの普及を促進
・OE425/525
・光カップリング
 

Dezember 2003 650K
  Simulink ist ein Beispiel für Simulink
・WaveRunner6000シリーズについて
・Simulinkについて
・MATLAB-Anleitung
・MATLABからSimulinkモデルの利用
 

Dezember 2003 400K
  【エレクトロニクスアップデイト誌掲載記事】
VisualBASIC wird von WaveRunner6000 unterstützt
・CustomDSOとオートメーション・コマンド
・VisualBASICによるPlug-inの作成
・Plug-inのインストール
 

Dezember 2003 400K
  【エレクトロニクスアップデイト誌掲載記事】
DSOによるソリューション<高速シリアル通信におけるジッタの基礎知識>
・ジッタの意味
・ジッタ計測パラメータの比較
・統計的な比較
・シリアル通信におけるジッタの考え方
 

Dezember 2003 700 k
  【エレクトロニクスアップデイト誌掲載記事】
IEEE1394a, 信号評価に, け, る, 受 信 デ, タ, 選 択 的 品 質 評価
・WaveMasterシリーズのカスタマイズ機能
・IEEE1394aのアイパターン評価
・受信データの選択的信号評価
 

Dezember 2003 600K
  【エレクトロニクスアップデイト誌掲載記事】
Spice, による伝送路シミュレーションを利用した、シリアル信号の評価
・SDAのシリアル・データ・解析
・Spiceシミュレーション
・DFP2
・Spiceシミュレーションとシリアル・データ解析
 

Dezember 2003, 7. Oktober 01 500K
  シリアル・データにおけるプリエンファシスの解析
レクロイ独自のISIプロット機能の応用
・プリエンファシス
・アイパターンとISIプロット
・オーバーエンファシス
 

Dezember 2003, 7. Oktober 02 2MB
  USB2.0, USB2, USBXNUMX, USBXNUMX
・製品概要
・主な機能
· 対応 機種.
 

Dezember 2003, 7. Oktober 03 500K
  PMA2
· 対応 機種.
・主な機能
・PMA2ソフトウエアの応用例
 

Dezember 2003, 6. Oktober 01 500K
  マルチレベル信号の解析
SDA シリーズの柔軟なマスク作成機能
・マスクのカスタマイズ
 

Dezember 2003, 6. Oktober 02 400K
  モジュール式計測器を用いた信号解析手法
安価で短期間に自動計測システムの構築が可能
・PXIとは
・PXIモジュールの必要条件
・A/Dモジュールの選択
 

Dezember 2003 430K
  SDA リーズによるDjとRjの分離解析
高速シリアル・インタフェースにおける重要な課題
・トータル・ジッタ,br>・DjとRj成分
・トータル・ジッタの考え方・DjとRjの分離・その他のDj成分
 

Dezember 2003 850K
  レクロイのジッタ測定精度
統計学を基礎とした評価法
・ジッタ測定値の精度
・信頼範囲としてのジッタ精度の仕様
・ジッタの分布・DjとRjの分離・その他のDj成分
 

Dezember 2003, 3. Oktober 01 370K
  3 Gbit/s und XNUMX Gbps
・アイパターン測定
・ジッタ解析
·Filter
・シミュレーション
・マスク・テスト
・ISI解析
・ペア内スキュー
・その他のDj成分
 

Dezember 2003, 3. Oktober 02 1.5MB
  7.5 GHz und mehr WaveLin und WaveLin
・減衰率とシステム帯域
・ツインチップとハンドフリー・プローブ・ホルダ
・入力容量とインピーダンス・プローブ・インタフェース
 

Dezember 2003 776K
  高速信号の測定に最適なデジタル・オシロスコープ
3GHz und 1M Ω und WavePro7000
・シミュレーションとオシロスコープ
・カスタマイズ機能
・プローブ・インタフェース
 

Dezember 2002 1.3MB
  高性能デジタル・オシロスコープでフィルタの検証
MATLAB.com
・MATLAB-Anleitung
Weitere Informationen zu MATLAB
・フィルタの検証
 

Dezember 2002 649K
  高速シリアル・インタフェースを多角的に解析
シリアル・データ・アナライザSDAの紹介
·Grundleistung
・アイパターン測定
・ロングメモリ・データを元にしたアイパターン・
マスク・テスト
 

Dezember 2002 917K
  ユーザの望むカスタマイズを実現する高性能デジタル・オシロスコープ
WaveMaster ・外部解析ソフトとの連携
・プログラムの作成
・PLLのシミュレーション
・演算結果の取扱い
 

Dezember 2002, 8. Oktober 01 164K
  ギガビット・イーサネット・テスト・パッケージソフトの紹介
・開発の背景
・製品の概要
・主な応用分野
 

Dezember 2002, 8. Oktober 02 173K
  Waverunner2
・開発の背景
・製品の概要
・主な仕様
 

米国EDN誌 【2003年2月6日号】(日本語要約版) 1.6MB
  【EDN-誌掲載記事】
Das Scopes-Versuchshands-on-Projekt
Ultrabreitband-Echtzeit-DSOs
・レクロイとテクトロニクスのオシロを比較実験
 

米国EDN誌 【2003年2月6日号】(英語版) 214K
  【EDN-誌掲載記事】
Die Scopes-Studie
 

 

 

ペ ー ジ ト ッ プ に 戻 る

セミナー動画(オシロスコープ入門編)

【技術資料】高分解能オシロスコープの真実

【連載】パワーモータ・ドライブの基礎入門書

パワーエレクトロニクス解析ソリューション

Produktressourcen